L.L.Beanトートバッグ(スモール)と無印良品撥水オーガニックコットン レザー使いトートバッグ(小)(黒)の比較!

5年程使っていたL.L.Beanのトートバック(スモール)が、みすぼらしい姿になったので、同じような大きさの無印良品のトートバックに買い換えました。

 

【L.L.Beanトートバッグのメリット、デメリット】

L.L.Beanのトートバックはとってもしっかりした作りで、ちょっとそこまでの買い物に丁度よいサイズ感と、普段着なら何にでも合うデザインでほんとよく使っていました。

持ち手が取れたり、穴が開いたりしたわけではありませんが、2回の洗濯と頻回な使用により表面がデコボコになって色褪せ、持ち手は手垢で汚れてグレーに。もはや気軽に持ち歩くには気が引けるバックになってしまいました。

デコボコ感。カジュアル感。

長いことシャンプーしてない白ワンちゃんみたいな色。

洗濯すれば多少きれいになると思われますが、さらにデコボコが強くなる可能性があります。

汚れやデコボコは経年変化であり仕方ないとして、このバックの唯一のマイナスポイントは内ポケットがないことでした。

同じスモールサイズでも、ストラップ付きのものだとなぜか内ポケットが付いてるので、ストラップ付きを買って、ストラップを外して使おうか…などと考えたこともありましたが、7,900円+税になります。

ちょっとそこまでの買い物のバッグに、7,900円+税は私にとっては高すぎます。

無印のバックインバックなんかも入れて使ってみましたが、バックインバックのポケットというものは結局、入れたバックの底に位置するので、鍵等を取り出す際、ガサゴソとバックの底を探らなくてはなりません。

仕事から疲れて帰ってきて、玄関ドアの前でサッとカギを取り出せないストレス。

小さな事ですが、毎日となるといい加減「もうっ!」てなります。

 

そこで、新しいバックに求めたのは

・カギと携帯が入れられる内ポケットがある

・持ち手が多少汚れても目立たない革製

・汚れが目立たないカラー

以上の3点です。

 

そんな私の要望にピッタリだったのが、この無印良品の

『撥水オーガニックコットン レザー使いトートバッグ小 黒』でございます。

【無印良品の撥水オーガニックコットン レザー使いトートバッグを選んだ理由】

内ポケットも外ポケットもございます。

 

持ち手は革製。

ん? 品質表示をよく見ると、「レザー使いトートバック」と言ってますが、持ち手のレザーは表面だけで、裏面は合皮と書かれてるではないですか!ネットで買う時は気付かなかったわー

ま、1,990円(税込)ですから。

 

汚れが目立たない黒色。(汚れが白っぽくなる可能性はあり)

 

唯一私が気になる点は、マチの部分の縫製がL.L.Beanは外側からもしっかり縫い付けてあるのに対して、無印のは縫い付けてないため、そこに隙間ができています。ここにホコリとかたまるんじゃないのかなーと懸念しております。

 

【まとめ】

数週間使ったら感想は、

内ポケットの素晴らしさよ!

鍵や携帯を迷わずサッと取り出せるありがたさ!

ちなみにこの無印良品のトートバッグには、外ポケットも付いております。

今までは外ポケットってどうな~ん?なんか鍵とか落としそうで使う気しんわぁ。

と若干外ポケットのことをバカにしておりましたが、これまたなんと便利なことか!

これ以上ない!てくらい鍵が取り出しやすくなりました!

L.L.Beanのトートバッグのような頑丈さはなく、自立こそしませんが、内外ポケットの便利さと、コスパの面から考えても無印良品のトートに軍配です!