丸岡城探訪!(2018.9.16)

9月の連休に、福井県は坂井市丸岡町にある『丸岡城』に行ってきました!

日本最古の天守閣!(諸説あります)

北陸で唯一現存する天守閣!

日本の百名城にも選ばれてる!

 

姫路城や松本城などの有名な城にうつつを抜かして、北陸に住みながらまだ行ったことがなかった『丸岡城』。

どんなんかしら。。。

 

そんなに混んでないだろうと高をくくっていたら、まさかの駐車場が満車!

1台出て行った所にかろうじて停めることができました。

順路に従って進むと、先ず最初に現れるのは、理由はわからないけど大事にされてる木…

なんなんでしょう。。。

この~木何の木気になる木~♪

説明書き等がないので、よくわからないこの木を横目に受付へ向かいます。

 

入場券450円に、「越前織」のしおりが付いてきます。

 

福井県坂井市丸岡町は、細副織物が特産品で、全国の7割を生産しているそうです。

きめ細かい風合いが特徴の「越前織」は、ストラップやブックカバー、しおり、名刺等々が作られています…とな。

知らなかった~

 

このように、取り外して使えます。

 

 

これが、日本最古の天守閣!

味わい深いです。

石垣は野づら積み。

天守閣入口の階段右横に、笏谷石(しゃくだにいし)製のシャチホコが置かれています。

昭和23年の福井地震で天守が倒壊した時に落下。現在は木製の銅板張りのシャチホコが天守に乗ってます。

 

瓦も石です。約6,000枚、120t!

天守が潰れないか心配な重さです。

 

天守内部に入ります!

日本一急なんじゃないかと…

ほぼハシゴの階段。階段という名のハシゴ。

外観は2階建て、内部は3階建てになってるんで、超急な階段が2回あります。

2回がんばると、最上階の3階です!

 

最上階はこんな感じ。

東西南北が見渡せます。

城山のふもとから35mの眺めを、殿様気分で見渡してみます。

うーーん、

なかなかの見晴らしの良さです。

 

当時はこのような五角形のお堀があったそうです。

カッコイイですね~

 

かつて国宝だった丸岡城ですが、昭和23年の福井地震で倒壊し、昭和30年に修復再建。現在は国重要文化財になっています。

 

カッコイイ五角形のお堀を再現して、再び国宝になってほしいものです。