『おてがるキュウリ』はほんとうにお手軽なのか?

 

サカタのタネから取り寄せた、キュウリの種『おてがるキュウリ』です。

なんとも素晴らしいネーミング!簡単に美味しいキュウリが作れそうな気がします!

春に、屋内の窓辺でポット蒔きをしたところ、発芽率100%!

これはお手軽かも…

ところがゴールデンウイーク明けに外に出した途端、なぜか成長が止まりました。

今までカボチャやトマト、大抵のものはこのやり方で上手くいっていたのに…

その後、委縮➜死亡。

 

今までは苗を屋内➜屋外に移動する時は、急激な環境の変化を避けるために、最初は1~2時間だけ、その後半日とか徐々に外に出す時間を長くして慣らしていました。しかし、現在はフルタイムで働いておりまして、なかなか慣らし保育的なことはできません。

なのである日から突然丸一日外に出したのが良くなかったんでしょうか。。。

てことで、今のところ『おてがるキュウリ』は、そこまでお手軽じゃない。という結果になっておりますが、これは私が慣らし保育をしなかったこと、ゴールデンウィーク明けに、気温が急激に上昇したこと、これらによる著しい環境の変化に耐えられなかった事が、お手軽にいかなかった要因と考えられます。

そこで、今度は環境変化のない直まきに挑戦してみました~!

 

2ヵ所に種蒔きをした結果、1ヵ所は全く発芽しなかったので、直まきの発芽率は50%でした。

(キュウリの種は高いので、1ヶ所2粒しか蒔けませんでした。)

発芽しなかった場所に1株移植します。

なかなか立派なキュウリの苗になっております!本葉4枚です。

 

そして、移植した株としなかった株では成長に明らかな違いがでました。

右が移植した株。左が直まきで移植なし株です。

移植株の方が明らかに成長が遅く、ヒョロりんとしています。

やはり移植によって根が切れたり、色々と負荷がかかったんでしょうねぇ。

 

現在まだ収穫には至っていませんが、直まきでそれなりに収穫出来たら、

『おてがるキュウリ』はかなりお手軽ってことになりますな。

激安な培養土でハンギングバスケットを作ってみた!

【培養土高すぎる問題】

「培養土」と言えば、アイリスオーヤマの『ゴールデン培養土』!と肝に銘じていた私ですが、春にホームセンターに買いに行ったところ、14ℓで

798円もするじゃないですか!!

いくら良い土だからって、所詮土です。高いでしょ!? 高すぎます!

以前は498円とかで売ってたのにぃ。。。

今時の「原材料費の高騰」ってやつですかね。

趣味の園芸にそこまでお金かけられないわぁ。。。品評会に出すわけじゃあるまいし、、、

 

そこで迷いに迷ったあげく、もうやっすいやつ買ってみました!

『ゴールデン培養土』と同じ14ℓで、198円!もはや3分の1以下のお値段でございます。これくらいのお値段なら、気軽に園芸も楽しめるってもんです。

『CASA  GRAIN 花と野菜の培養土』

これなら上手くいかなかったとしても、安かったしねー、と諦めもつきます。

 

【やっすい培養土でハンギングバスケットを作ってみよう!】

春に種蒔きをしたナスタチウム「ブラックベルベット」。赤黒いカッコイイ花が咲く予定です!

種蒔きは『ゴールデン培養土』でしております。

これを使ってハンギングバスケットを作ります!

 

ダイソーのヤシマットにサニタリー用の黒いゴミ袋を広げて敷き、198円の培養土で植え付けました。

底の方には自家製堆肥も入れてみました。せっかくなんで。

 

はい、出来ました!!

まぁたしかに『ゴールデン培養土』に比べると、水はけは悪そうですけど、どんなもんでしょう。。。

 

 

大正解~~~!!

植え付け1カ月半後の状態です!何の問題もございません!

水はけ悪くて蒸れたりするかなぁ、なんて心配もしましたが全然OKでした!

 

更に1週間後!

蕾がどんどん開いて、素晴らしい仕上がりとなりました!

今までのこだわりは、なんだったんでしょう。。。

 

【まとめ】

・培養土は安いやつでも花、葉共に十分育つ!

・『ゴールデン培養土』にこだわるのはやめよう!

・もう安い培養土しか買わない!

・ナスタチウム「ブラックベルベット」の花はブラックじゃない。赤色です。

 

今回、同時にゴールデン培養土でもナスタチウムを育てていないので、その違いはわかりませんが、これ以上の出来は望まないので、これからは198円でいきます。

エンジェルローズピコティで春のハンギングバスケット!(アイビーの挿し木は失敗)

 

種から育てた『エンジェルローズピコティ』が良い感じになってきたんで、さらにいい感じにしてやろうと、アイビーを挿し木で追加しようと思います!

 

これらのアイビーをハンギングバスケットの縁にぐるっと植えこんで、洋書みたいなカッコいいハンギングバスケットにしようって魂胆です。

 

はい、出来ました!

おお、いい感じですね~

 

こんな風になる予定です。

 

しかし世の中そう旨いこといきません。

アイビー挿し木まさかの失敗です。枯れました。

アイビーは土が付いた所からすぐ根が生えてくるので、楽勝だと思ってたのにぃ。。。

 

 

生き残ってるやつが2、3あります。

さらに追加で3本ほど挿してみました。

 

完成形! アイビー感ゼロです。

違う。。。

まあ、でも可愛い。

 

アイビーのこと、甘くみてました。

ハンギングバスケットは垂れ下がってなんぼなので、次回はお花を育てつつ、アイビーも育てて茎の長いやつを作ろうと思います。

真冬にレタスの定植は、出来なくもないが。。。

【真冬にレタスの定植は、出来なくもないが生き残りは3分の1以下】

http://pipita2.com/2019/01/01/%e7%9c%9f%e5%86%ac%e3%81%ab%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%ae%9a%e6%a4%8d/

 

真冬にレタスの定植をしたその後がこちらです↓

うーん、生き残りは3分の1くらい。やはり真冬の定植は難しいようです。

 

レタスが消えてしまった空白部分に、植木鉢にとっておいた苗を、めげずに植え直します。

 

さらにその後

最初に定植した1月に比べれば、気温も高くなってるので大丈夫だろうと高を括っていましたが、また半分ほどが消えてしまってます。

【まとめ】

●真冬にレタスの定植は出来なくもないが、活着率は3分の1以下(暖冬の場合)。

●レタスは秋に定植するべし!種蒔きは暑くても9月中に済ませよう。

●それでも遅蒔きになってしまったら、冬越しは諦めてベビーリーフとして食べ切るのもあり。

 

真冬にビオラの幼苗を定植して、シロタエギクの挿し木までやってみた!

 

お正月も明けた1月の真冬に、パンジーの幼苗を定植してみました!

 

10月中旬に種蒔きをしたフリンジパンジー『ミュシャ』

1月上旬の様子。

この小さなプラグトレイでは、もう窮屈な感じになっております。

根詰まりを起こしたら委縮しちゃうだろうし…定植したほうがいいのだろうか。

パンジーの定植は、秋か春にする、てのが一般的な適期ですが、種蒔きを10月中旬にした時点で適期から大幅にずれているので、適期のことは気にせずやってみます!真冬だけど。

先ずは鉢の準備から。

長らく放置していた(特に左)ので、苔むしていい感じになってます。

 

はい、出来ました!

パンジーだけじゃあつまらないんで、玄関先のシロタエギクをちょん切って、挿し木にしてみました。

 

そして2週間後。

 朝に10㎝位の降雪がありましたが、無事です!

 

そして、定植から約1ヶ月後がこちら

パンジー元気に育っております!

ん?挿し木をしたシロタエギクの1つの様子が変です。

葉先から枯れこんでる!?

 

上手くいくかわからない真冬の挿し木は、せめて1ヵ所2本ずつにしとけば良かったです。

 

 

真冬にレタスの定植はできるのか?

10月に種蒔きをしたレタス、雪が降る前に植え付けなければ!

6年前のレタスの種は発芽するのか?蒔いて確かめよう!

 

現在の家庭菜園コーナー、いまだ夏野菜の整理が終わっておりません。

しかし、そんなことを気にしていては前に進めないので、とにかくレタスを植え付けましょう!

一応、真ん中の手前の所がレタスゾーンで、既に堆肥は投入済みです!

 

この可愛いベビーリーフ達を。

先ずは、リバーグリーンから

次は、キャトルセゾン

はい、出来ました!

数にすると結構あったので、1時間近くかかってしまいました。

赤紫と黄緑のカッコイイ縞々になりますように。。。

 

一週間後

雪です。定植して一週間経たないうちに予報通りの雪。

ちゃんと活着できたんかしら…

初収穫のレタスで、ベビーリーフサラダを作る

 

10月に種まきをしたレタスが、すっかり美味しそうになってきました!

 

6年前のレタスの種は発芽するのか?蒔いて確かめよう!

6年前のレタスの種、冷蔵保存なら余裕で発芽します!

かわいいですね~

 

間引き菜でサラダを作ります!

 

はい、出来ました!

こんなに小さいベビーリーフで、一見クセがなさそうに見えますけど、すごい野生的な味(草くさい)でございました。

 

【レタスメモ】

レタスの茎の切り口から出る苦くて白い汁には、ラクツカリウムが含まれていて、ラクツカリウムの原料の一つであるラクチュシンには、鎮痛・鎮静作用があるから、不眠やイライラにはレタスを食べるといいですよ。

みたいな話が巷では言われてますが、実際強い眠気を催すのはワイルドレタスLactuca virosa)に含まれるラクチュコピクリンという成分であって、サラダレタスにはこのラクチュコピクリンは少し存在する程度で、かなり大量に食べないと効果は期待できないそうです。残念。

こちらがそのワイルドレタスですが、見たことある雑草ですわー
子供の頃これをちぎったら、切り口から白い汁出てきたの覚えてる。
「lactuca virosa australia」の画像検索結果
 

ビオラとバコパで冬の寄せ植え(練習中)

 

お久しぶりに、寄せ植えを作りました。

私は色々な植物を組み合わせて、素敵な寄せ植えを作るセンスがないので、たいてい一種単色植えでやってきました。でもやらないことにはセンスも磨かれないぞ、と思いまして作ってみました~

JAで、ビオラと斑入りバコパ(バコパ  ライムバリエガータ)の苗を購入。

ビオラが1株68円、バコパが1株198円 3株ずつ買ったので、計798円でした。

 

出来たー!!

可愛いわぁ。。。

我ながら、まあまあの出来じゃないかと。800円で癒されるわぁ。

 

寄せ植え練習続けよう!

 

 

中国産ニンニク(食用)を自然農法的に昨年と同じ場所に植え付けてみた!

 

今年こそニンニクを適期に植え付けるぞ!と意気込んで焦って、中国産ニンニクを買ったのは10月上旬のことでした。

それがなんやかんやでまたしても11月になってるー

もう時期が時期で、堆肥を入れたりしてる暇がないし、無肥料・無耕起で昨年と同じ場所に植え付けてみようと思います!

私は自然農法を実践しているのだ!ということにして。(除草はしたけど)

 

昨年は5片植え付けたのですが、今年は1つ増やして6片植え付けてみようと思います!

中国産なんで、ホワイト6片とかじゃない。

もはやホワイト14片。

ここから良さげなやつを選別します。

大きくてキレイ目な6片(右)。

これを昨年と全く同じ場所に植え付けます。

自然農法では2年目からが、さらに良くなるとか…

 

7年前のビオラも発芽!発芽率は50%以上!

 

10月中旬に、7年前のビオラの種(冷蔵保存)を蒔いてみたところ、見事発芽しましたー!

種は生きている。

種蒔き後10日目から発芽が始まりました。

その後次々に発芽して、品種による差はほとんど見られず、発芽率でいうと50%以上は確実にありました。しかし次々に虫に食べられ淘汰された結果、こんなまばらに。

中でも種を自家採取した、エンジェルローズピコティが一番やられてしまいました。美味しかったんですかねぇ。

 

涼しくなってからの種蒔きだったのに、虫害は侮れませんな。

 

今回の種蒔きで、冷蔵保存しておけば7年前のビオラでも発芽することがわかったので、種が余ったらぜひ冷蔵庫に取っておくことにしよー!