ゴールデンウィークのお出かけ②~石川県中島の牡蠣小屋~(2019.5.5)

ゴールデンウイークのお出かけ第2弾は、石川県中島にある牡蠣小屋に行って参りました!

七尾駅前に車を停めて、七尾駅からのと鉄道で笠師保駅へ。

レトロで素敵ですね~ 無人駅です。

 

目的地の牡蠣小屋は、笠師保駅の目の前にある『浜焼き能登風土』

笠師保駅の近くには、日本海側最大の牡蠣の養殖場があるということで、期待が高まります!

『焼きかきコース』3,300円と『浜焼きコース』3,300円を事前に予約しときましたよ。

予約時間の12時到着。テーブルの炭にはすでに火が入っていて、調度良い火加減になっておりました。

前菜は、牡蠣の甘辛く煮たやつと芹の胡麻和えです。

美味しいです。前菜というか突き出しです。

牡蠣が焼けるまでの間、ビールのお供につまつまと頂きました。

(ビールはぬるめです)

 

焼きかきコースの焼き牡蠣は10個! 牡蠣の殻を開けるための、軍手とナイフも付いてきます。ノロウイルスが怖いので、よく焼きます。

焼き牡蠣焼けたーーー!!

これを食べたかったんです!

うん、美味しい!

焼すぎたのか、ちょっとしょっぱめです。

 

この後、焼きかきコースには牡蠣フライが出てきますが、焼き牡蠣より美味しくて、写真を撮り忘れました。

 

こちらは浜焼きコースの朝どれ魚フライと、活貝盛り合わせです。活貝盛り合わせにはイカ一杯ももれなく付いてきますので、かなりのボリュームです。くれぐれもお腹を空かせて行かれた方がよろしいかと。

鰺フライと白身魚のフライ。

ふわふわサクサクで、美味しーーー!!

今回食べた中では、この朝どれ魚フライが一番美味しかったです!

 

最後は釜飯です。

焼きかきコースは、かき釜飯。

具は牡蠣とゴボウです。

 

浜焼きコースは、のどぐろ釜飯。

小さいのどぐろの干物みたいのが一匹入ってます。のどぐろ感に欠けます。

 

蠣小屋だけど、朝どれ魚フライが一番オススメの『浜焼き能登風土』でした。

 

帰りはこんなに可愛い電車に乗って帰りました!

ゴールデンウィークのお出かけ①~福井県一乗谷朝倉氏遺跡とタピオカドリンクflor flor~(2019.4.29)

ゴールデンウィークに、福井県の一乗谷朝倉氏遺跡と、今をときめくタピオカドリンクのお店flor florに行って来ました!

【一乗谷朝倉氏遺跡】

福井一の観光地(!?)ともいわれる一乗谷朝倉氏遺跡はブラタモリでも取り上げられたことがある遺跡なんです。

福井市の南東10㎞の山あいに位置していて、なかなかの田舎にあります。

田舎のおかげで、駐車場は無料です。そして砂利です。

 

先ずは第5代当主朝倉義景館跡から

唐門

お城じゃなくても、お堀ってあったんですねぇ!そうとう立派な館だったんでしょうなぁ。

唐門を抜けると、館跡館跡庭園があります。

館跡の後方が山になっていて、登っていくと、このように館跡と館跡庭園が見渡せます。写真真ん中に見えるのは、日本最古の花壇とHPありますが、現地ではそのような花壇の説明は見あたらず。。。

もう少し日本最古をアピールした方がいいのではないかと。

 

館跡を登った高台にある湯殿跡庭園

石が多い。

 

諏訪館庭園跡

高低差があり、現在も実際に水が流れていて、カッコイイ庭園跡です。真ん中には巨大な石が配されていて、ここまでどうやって運んできたんかなーなんて考えてしまいます。

 

お次は、1人210円払って(安い!)復元町並みを見物します。

武家屋敷の復元

寸劇も見れます!

お店の復元。中にはお茶碗を売ってる体の人が。

 

井戸。

このような井戸が、そこたらじゅうにあります。一家に一台的な感じです。

1人210円でなかなか楽しい一乗谷朝倉氏遺跡でした!

【タピオカドリンクflor flor(フロル フロル)】

最近再びタピオカブームきてますよね。

平日は女子高生達が行列を作っているというこちらのお店は、福井市内にあるタピオカドリンク専門店flor florです。

おばさんも、女子高生の飲んでるもの飲んでみたいんです!!

キャラメルミルクティー氷なし420円+ホイップクリーム100円+チョコソース=520円でございます。

う~ん、甘いぜ。。。

“氷なし”にしたからなのか。。。

女子高生はこんなに甘いものが好きなのか。

もう少し甘さ控えめの、大人のタピオカメニューも作っていただきたい!

丸岡城探訪!(2018.9.16)

9月の連休に、福井県は坂井市丸岡町にある『丸岡城』に行ってきました!

日本最古の天守閣!(諸説あります)

北陸で唯一現存する天守閣!

日本の百名城にも選ばれてる!

 

姫路城や松本城などの有名な城にうつつを抜かして、北陸に住みながらまだ行ったことがなかった『丸岡城』。

どんなんかしら。。。

 

そんなに混んでないだろうと高をくくっていたら、まさかの駐車場が満車!

1台出て行った所にかろうじて停めることができました。

順路に従って進むと、先ず最初に現れるのは、理由はわからないけど大事にされてる木…

なんなんでしょう。。。

この~木何の木気になる木~♪

説明書き等がないので、よくわからないこの木を横目に受付へ向かいます。

 

入場券450円に、「越前織」のしおりが付いてきます。

 

福井県坂井市丸岡町は、細副織物が特産品で、全国の7割を生産しているそうです。

きめ細かい風合いが特徴の「越前織」は、ストラップやブックカバー、しおり、名刺等々が作られています…とな。

知らなかった~

 

このように、取り外して使えます。

 

 

これが、日本最古の天守閣!

味わい深いです。

石垣は野づら積み。

天守閣入口の階段右横に、笏谷石(しゃくだにいし)製のシャチホコが置かれています。

昭和23年の福井地震で天守が倒壊した時に落下。現在は木製の銅板張りのシャチホコが天守に乗ってます。

 

瓦も石です。約6,000枚、120t!

天守が潰れないか心配な重さです。

 

天守内部に入ります!

日本一急なんじゃないかと…

ほぼハシゴの階段。階段という名のハシゴ。

外観は2階建て、内部は3階建てになってるんで、超急な階段が2回あります。

2回がんばると、最上階の3階です!

 

最上階はこんな感じ。

東西南北が見渡せます。

城山のふもとから35mの眺めを、殿様気分で見渡してみます。

うーーん、

なかなかの見晴らしの良さです。

 

当時はこのような五角形のお堀があったそうです。

カッコイイですね~

 

かつて国宝だった丸岡城ですが、昭和23年の福井地震で倒壊し、昭和30年に修復再建。現在は国重要文化財になっています。

 

カッコイイ五角形のお堀を再現して、再び国宝になってほしいものです。