ビオラとバコパで冬の寄せ植え(練習中)

 

お久しぶりに、寄せ植えを作りました。

私は色々な植物を組み合わせて、素敵な寄せ植えを作るセンスがないので、たいてい一種単色植えでやってきました。でもやらないことにはセンスも磨かれないぞ、と思いまして作ってみました~

JAで、ビオラと斑入りバコパ(バコパ  ライムバリエガータ)の苗を購入。

ビオラが1株68円、バコパが1株198円 3株ずつ買ったので、計798円でした。

 

出来たー!!

可愛いわぁ。。。

我ながら、まあまあの出来じゃないかと。800円で癒されるわぁ。

 

寄せ植え練習続けよう!

 

 

中国産ニンニク(食用)を自然農法的に昨年と同じ場所に植え付けてみた!

 

今年こそニンニクを適期に植え付けるぞ!と意気込んで焦って、中国産ニンニクを買ったのは10月上旬のことでした。

それがなんやかんやでまたしても11月になってるー

もう時期が時期で、堆肥を入れたりしてる暇がないし、無肥料・無耕起で昨年と同じ場所に植え付けてみようと思います!

私は自然農法を実践しているのだ!ということにして。(除草はしたけど)

 

昨年は5片植え付けたのですが、今年は1つ増やして6片植え付けてみようと思います!

中国産なんで、ホワイト6片とかじゃない。

もはやホワイト14片。

ここから良さげなやつを選別します。

大きくてキレイ目な6片(右)。

これを昨年と全く同じ場所に植え付けます。

自然農法では2年目からが、さらに良くなるとか…

 

Hawsのジョウロのハスロが壊れたので、安い国産ハスロを取り付けてみた!

 

かれこれ10数年、Hawsのジョウロを愛用しているのですが、ハスロの縁が割れて上手いことシャワーが出なくなりました。

ビニールテープで補修してみたんですが、割れ目が広がって、結局水がじゃじゃ漏れです。

種蒔き後の水やりは優しくシャワーをかけたいのですが、割れ目からどどーっと水が流れ出てしまうので、細かい種だと流されてしまいます。

これは2代目のハスロで、たしか1,000円だったと思います。

購入した園芸店に再び買いに行ったところ、メーカーも在庫切れとな。

 

しょうがないので、近くのホームセンターへ。

そりゃHawsなんてありません。

でもハスロはちゃんとありました。「蓮の実」とも言うんですね。200~300円。国産でございます。

横に青色のジョウロが売っておりました。青色のジョウロの先端に白いハスロ。。。見たことあるわ。

この白いハスロを、緑色のHawsのジョウロに取り付けたら、

絶対変!

 

先ず、サイズ合うんかい?

はい、合いませんでした。ハスロの内径が大きすぎてガバガバです。

旦那さんに相談したところ、耐水性があるテフロンテープの白いやつをハスロの内側にグルグルと貼り付けてくれました。

おーー!ぴったりジャストサイズになりました!

 

 

しかし、ダサイ…

優しいシャワーはばっちり出まして、目的は果たされました。

あとは気持ちの問題。

 

このすぐ後に、ネットでHawsの緑色のハスロ(1000円)を発見!

ちょっと複雑な気持ちになりつつも、時は過ぎてかれこれ3週間ほどが経過。現在すっかりこのビジュアルにも慣れまして、もはやなんっとも思わず愛用しております。

 

 

 

 

7年前のビオラも発芽!発芽率は50%以上!

 

10月中旬に、7年前のビオラの種(冷蔵保存)を蒔いてみたところ、見事発芽しましたー!

種は生きている。

種蒔き後10日目から発芽が始まりました。

その後次々に発芽して、品種による差はほとんど見られず、発芽率でいうと50%以上は確実にありました。しかし次々に虫に食べられ淘汰された結果、こんなまばらに。

中でも種を自家採取した、エンジェルローズピコティが一番やられてしまいました。美味しかったんですかねぇ。

 

涼しくなってからの種蒔きだったのに、虫害は侮れませんな。

 

今回の種蒔きで、冷蔵保存しておけば7年前のビオラでも発芽することがわかったので、種が余ったらぜひ冷蔵庫に取っておくことにしよー!

九州うまいもん二人旅~3日目 別府地獄巡り、博多豚骨ラーメン~(2018.10.7)

 

九州3日目の朝は『杜の湯リゾート』で、みんな大好きホテルの朝食ビュッフェでございます。

私は朝パン派なんで、こんな感じで大変美味しく頂きました!

もちろん和のおかずもございます。

新しく清潔なホテルで、別府温泉に浸かって大満足。

土日の一泊朝食付きのお値段は、

1人13,110円でした。

いい宿でした~

 

【別府地獄めぐり】

九州の旅もいよいよ最終日です。

別府温泉と言えば、地獄巡りですが、7つ全部の地獄を巡るのは時間的にもどうかということで、厳選して「坊主」と「海」の2ヶ所だけを巡ることに。

先ずは坊主地獄。

地獄と言うだけあって、おどろおどろしい雰囲気が出ています。

受付で入場料400円を払って中へ進みます。(受付の女性の顔が見えないようになぜか小窓にレースのカーテンが。)

なんでしょう。すごい手作り感。

大きな池に、沸騰した熱泥がボコボコなってるのかと思ってましたが……そんな写真もネットにあったような…

これと同じような、小さな井戸みたいなやつが点在しております。この屋根はなぜ…

熱泥のボコボコが坊主頭に似ていることから、「坊主地獄」と呼ばれるようになった由来ですが、もはや坊主ではない「蒸気井」なるものが。

終始お客は私達だけという貸し切り状態。

なんだか妙な感じをぬぐえないまま、取りあえず次の「海地獄」へ向かいます。

 

 

あれ?何だかさっきと雰囲気が違います。

「海地獄」は明るく綺麗に整備された観光地って感じ。お客さんもそれなりにいます。

全7カ所地獄の共通観覧券も売ってます。そして「鬼石坊主地獄」なるものがありますけど。

明るい受付で400円の観覧券を購入。(受付の方のお顔も普通によく見えます)

右手に綺麗な池を眺めながら進み、売店を通り抜けると、硫黄の臭いがプンプンする「海地獄」が現れます。

エメラルドグリーンの美しい地獄ですね。

 

もう少し進むと、今回行かなかった「血の池地獄」のようなやつもありまして、もう3カ所回ったような気分になれます。

どうも最初にいった「坊主地獄」は別府地獄組合に入ってない地獄だったのではないかと。空いてて良かったけど。

 

地獄巡りも出来たし、湯の花も買えたし、ゆっくり博多に戻ります。

 

 

別府湾SAから見る別府湾。

美しい。

 

【博多駅で博多豚骨ラーメンを食す!】

博多駅内にある『博多 一幸舎』で博多豚骨ラーメンを食します!元祖泡ラーメン。

美味しい!やぱっり山田SAのよりラーメン屋のラーメンの方が全然美味しい!てか違う食べ物ですわ。

本場で本物の豚骨ラーメン、大変美味しくいただきました。

 

楽しい九州の旅、帰りは行きよりさらに小さい飛行機。恐怖。

飛行機に歩いて乗り込むのですね。

 

ずっと見ていたくなる眺め。

楽しい楽しい九州の旅。まるで夢のような3日間でした。

 

九州のお土産、自宅用。

【九州の旅  まとめ】

・九州は人がいい

・何食べても美味しい!

・物価が安い

・移動はレンタカーで正解 3日間で7,600円(オリックスレンタカー)

・観光地は日本人より外国人(中国、韓国の方々)が多い

旅は住んでいる土地から離れるほど、文化の違いもあって新鮮で楽しい!

・次は熊本、長崎に行きたい!

 

 

九州うまいもん二人旅~2日目 湯布院、別府~(2018.10.6)

 

九州2日目は湯布院、別府の温泉地めぐりです。

福岡からレンタカーで高速に乗り、湯布院へ向かいます。

【山田SAでおいしいお昼ごはん】

大分自動車道の山田SA(下り)で早めの昼食を頂きました。

『肥前ごまさば丼~ひつまぶし風~』900円(税込)

これは、なかなかの美味しさでした。

最初はそのまま食べて、次にしょう油だれをかけて食べる。最後にひつまぶしのごとく出し汁をかけて食べる。という一度で3度美味しい、得した気分になれる食べ物です。

 

豚骨ラーメン。

SAの豚骨ラーメン、全然美味しい!チャーシューもトロトロだし、ラーメン屋行かなくてもこれでいいじゃん!と私は思うのですが。

ラーメン好きの旦那さんに言わせると、「既製品の味がする」とな。厳しー

2品とも量はやや少な目だったので、大食漢の学生さんにはちょっと足りないかと思われます。

私達はこの後も色々食べたかったので、腹7分目くらいでちょうど良い具合でした。

 

【『道の駅ゆふいん』は最高の道の駅!】

湯布院ICで高速を降りて、すぐの所にある『道の駅ゆふいん』に立ち寄りました。

トイレ休憩がてら、ふらっと立ち寄ったつもりでしたが、ここがなかなか魅力的な所で、もし再び湯布院に行くことがあったら、また絶対行きたいです!

 

テイクアウトコーナーのとり天を頂きました。

ただの鳥の天ぷらが出てくるのかと思いきや、ねぎソースがたっぷりかかった美味しい一品でした。またしても、写メを撮る前にうっかり2個ほど食べちゃいましたがすごいボリューム。これが300円とは。恐るべし道の駅!

テイクアウトですが、屋内の休憩スペースに持ってって、みんなそこで食べてますの。

この他、どんこ(椎茸)やカボスジュース、焼き栗を購入いたしました。

お食事処ではA4・A5ランクの大分和牛を使った丼物のメニューもあり!

豆乳ソフトや珈琲もございます。

なんだかもう何だってあるんです!

こじんまりとしたローカルな道の駅なんですが、みんなのニーズに応えてくれる、懐のおっきな『道の駅ゆふいん』!他にも絶対おいしいであろう地産地消的ソーセージもあり。この日が最終日だったら、絶対買ってた要冷蔵の品々。

あー残念。

 

気を取り直して、湯布院のメイン観光地、湯の坪街道へ向かいます。

【湯布院の湯の坪街道】

先程までの道の駅とはうって変わって、こちらは観光客でごったがえしておりました。

『由布院ミルヒ』でケーゼクーヘン150円食べました!

なめらかで美味しいデザート。だったと思う。

てか、もうすごい人。そのうえ観光客の9割がたが外国人の方々で(中国人か韓国人)、いったいどこに観光にきたのか…日本なのか…と。あまりにごちゃごちゃと騒がしく、落ち着いて味わえなかった、というのが本音です。

 

湯布院でひなびた外湯に入りたかったのですが、事情により足湯に変更。

湯の坪街道近辺は、足湯も人がいっぱいとの情報だったので、メインの観光通りから少し離れた『ゆふいんホテル秀峰館』の足湯に入りに行きました。

ホテルを利用しなくても無料なんです!

日本人の先客が一人おいでましたが、しばらくするといなくなり完全貸し切り状態。おかげさまで気持ちよく足湯を楽しめました。

穴場足湯スポットですな。いいとこ来た。

 

次は別府へ向かいます。

そよそよと素敵な眺めですねー  由布岳か?な?

 

【別府温泉でお泊り】

本日の宿『杜の湯リゾート』到着ーー!

2018年7月にオープンしたばかりの新しくて清潔なお宿です。

部屋はシャワーのみですが、大浴場がすばらしいので全然問題ありません。

内風呂も露店風呂ももちろん別府の温泉です。硫黄の香りが立ち込め、きれいで気持ちよく、なめらかないいお湯でした。

 

こちらのホテルは朝食しか付かないので、夕飯はスーパーのお惣菜と道の駅ゆふいんで買った焼き栗で簡単に済ませました。

一応、九州っぽいラインナップにしたつもり。

初めて訪れる土地でテンション高めのせいか、何食べてもおいしー!

九州って楽しーーー!!

 

九州うまいもん二人旅~1日目②福岡飯のハシゴ~(2018.10.5)

 

太宰府から高速でビュイーンと福岡に戻ってまいりまして、宿でしばしの休憩。そして、福岡飯を食べて飲んだくれるために、バスでいそいそと出かけます。

【超人気店『かわ屋』のかわ焼きを食す】

テレビで何度か拝見した、かわ焼き(とり皮の串焼き)で有名な人気店、『かわ屋』警固店にやって参りました!

予約してあったので、すぐにカウンター席に案内されましたが、私達が入った後はもう2席くらいしか残ってなかったと思います。それも予約席。

危なかったぜ。

席に着くとすぐさま「かわ何本?」と聞かれます。かわ焼きを頼むとはまだ言っていないぞ…と一瞬戸惑いつつも、「5本。」と返答。その後、お通しの生キャベツ(400円)が自動的に出てきます。

しばらくすると、かわ焼きが出てきました。

脂が落ちてて結構軽いので、たしかに何本も食べられそうですが、

うーーん、どうでしょう。この他、串焼きを数本頼みましたが、私的には「肝」の方が美味しかったです。人それぞれ好みってもんがありますから。臭みのない美味しいレバーでした。

私達は二軒目を予約してたので、腹四分目くらいでお会計させて頂きました。

お会計をお願いすると、〆のスープが出てきます。

たぶん鶏ガラスープと思われます。優しいお味。

 

そして九州に来たならば、馬刺しともつ鍋は外せません!

【『もつ竜  赤坂』の馬刺しともつ鍋は最高!】

かわ屋から歩いて、2軒目のお店『もつ竜  赤坂』にやって参りました。

先程までの喧騒とは打って変わって、なんて静かで落ち着く場所なんでしょう!

もう食べたいものは決まっているので、馬刺しもつ鍋とハイボールを注文です。

 

おーーー!美味しそう!! 生まれて初めての馬刺し!

うまい!馬刺しとはこんなにうまいのか!

特にタテガミの脂が、噛めば噛むほどに甘くてとても美味しい!

そして脂なのに全然しつこくない!

 

続いてはもつ鍋~

うっかり食べ進めてしまって写真が見苦しいです。

もつ鍋うまし!

スープの旨味がすごい!

どんどん飲んじゃう。結局二人で全部飲み干してしまいました。

 

最後に季節のデザートも頂きましたが、栗のアイスクリームで、栗が遠慮なくたっぷりトッピングされてて、こちらも大変美味しく頂きました。

『もつ竜  赤坂』美味しくてお店の雰囲気も良くて、最高でした!!

 

食べて飲んで、大満足の1日目となりました。

九州うまいもん二人旅~1日目①初めてのカードラウンジ、博多、太宰府天満宮~(2018.10.5)

 

いよいよ、その日がやってまいりました!人生初の九州の旅。

平日と同じ5時半起きですが、ぜんっぜん苦じゃない!

前日にパッキングはほぼすませてあったので、身支度ができたらレッツゴー九州です!!

小松空港発、福岡行きの出発時刻の1時間半前に小松空港到着!早っ!

【はじめてのカードラウンジ!】

今回の旅の楽しみの一つに、カードラウンジの利用がございます。

普段、航空会社のラウンジを利用されてる方は、カードラウンジなんてしょぼい、と思われるかもしれませんが、ラウンジというものの存在自体をここ最近知ったものですから。先ずはカードラウンジです。(この先もずっとカードラウンジです)

もっともお手軽にゴールドカードが作れる、というウワサの楽天ゴールドカードをこの日のために作って、意気揚々とやって参りました!

朝の8時に到着したら、一番のりで誰もいない貸し切り状態。

入口すぐの所に無料のドリンクバーがございます。熱い緑茶を頂きました。旦那さんはコーンスープとお茶と2杯飲んでました。

 

おーー、なかなかオサレなインテリア。雑誌も結構あるし、トイレもすごく綺麗!小松空港のカードラウンジ、全然素敵なんですけど。

普通の待合いで待つより、静かで落ち着くし、椅子もゆったり。私達はこれでも十分贅沢気分味わえました!

 

カードラウンジで気分を良くして搭乗手続きを済ませ、十数年ぶりに飛行機に乗り込みます。

思ってたよりかなり小さめの飛行機に離陸直後はビビって緊張しておりましたが、空からの眺め超感動!

緊張も吹っ飛びました!地形が見えるーー!!

小松空港から1時間半ほどで福岡空港に到着です。

早い!わかっちゃいたけど空の旅とはなんて移動が早いのか!早いから疲れない!すばらしい!

福岡空港から博多駅までは電車で移動です。

 

博多駅到着ーー!!

【博多で博多うどんを食す!】

先ずは腹ごしらえに博多うどんを食します。

博多駅から歩いて数分のうどん居酒屋『粋』へ。

テーブルには、最初っからお皿に山盛りの天かす(サクサクで美味しい)が置かれています。これは博多スタイルなのか…。

ごぼう天うどん550円を注文。

ウワサ通りの柔らかうどんで優しいお味。テーブルにあった天かすをたっぷりかけて頂くとさらに美味しくなります。

ゴボウはかなり多めです。特別ゴボウ好きでない方は、かしわご飯とセットの方を選ばれると、もう少しゴボウが少なくて、うどんにトッピングされてるので、そちらの方がよろしいかと。

 

そして、この後はレンタカーを借りて太宰府天満宮へ。

【太宰府天満宮参拝】

表参道近くには1回500円という驚異的な激安駐車場がいくつかありまして、そちらに車を停めて、太宰府天満宮へ向かいます。

 

楼門 太鼓橋側は屋根が二重。

 

楼門 本殿側。こちらは屋根が一重。

 

御神牛。

麒麟。キリンビールの麒麟みたいです。

 

築400年以上の本殿。

菅原道真公を慕って一夜にして京から飛んできたという伝説の梅の木『飛梅』を見るのをうっかり忘れていたのですが、よく見るとこの写真の右側に写ってました!

大きくて立派な梅の木ですねぇ。実物見たかった~

 

本殿の極彩色の彫刻。すてきだぁ。

参拝の後は 、スタバの太宰府表参道店で休憩です。

建築家 隈研吾氏が設計したおしゃれスタバ。

アイスコーヒーを若干無理やり飲む。

 

表参道には梅が枝餅のお店が何件もありますが、常に焼き立てを提供してくれる『やす武』で購入しました。

ほんとに焼き立て熱々で、持てるギリギリです。

素朴な味わいで、ちょうど良い甘さの梅が枝餅、大変美味しく頂きました!

こんなにおいしいなら、他のお店との食べ比べもしてみればよかったー

表参道にはお土産屋さんや食べ物屋さんが色々あって、見たり食べたり結構楽しめました。

 

そして再び博多へ戻ります。