ニンニクの保存は冷凍が便利!

 

6月に収穫したニンニクを、勝手口で乾燥させていたのですが、時々忘れたり思い出したりしていたら、2カ月半経ってしまいました。

過去のニンニク記事↓

http://pipita.hatenablog.com/entry/2018/06/24/195636

腐ってはいません。

1つの種球から5個に増えました!ポケットを叩けばビスケットが増える♪みたいで嬉しいですね~

1つは乾燥せず、生のまま食べたので現在小ぶりのニンニクが4個です。

生はやっぱり風味が良かったです!

ちょっと小さめ手のひらサイズ

剥いてみると薄皮に紫色の所があります。サイズといい色といい中国産ニンニクのような雰囲気です。青森県産のを種球として北陸で育てたんですが、なんでしょうか。。。

ま、味は変わりませんから、料理にじゃんじゃん使っていきまっせー!

 

と言いつつ、我が家は少人数でニンニクを毎日使わない。

1週間に1片使う程度の消費量です。4個使い終わる頃には、4個目のニンニクは芽が出てシワっぽくなっていることでしょう。

そこで、冷凍保存して長持ちさせようって魂胆です。

せっかくの美味しい自家製ニンニク、腐らせて無駄にしたくないですもん!

【ニンニク冷凍保存の方法】

①球根状態のニンニクをばらばらにします。

カスや土が多少飛び散るので、新聞紙などを敷いてやります。

②さらに剥いて、薄皮がぴっちりくっついて剥きにくいところまできたらやめます。

③冷凍保存できるジップロック等の袋に入れます。

④冷凍庫に入れます。

 

【冷凍ニンニクの使い方】

①今使う分だけ冷凍庫から取り出して、ちょっとだけ置いときます。2~3分か5分くらい。

はい、このように薄皮がつるんと剥けます!!

ここです!このつるんと剥けるところが、ニンニク冷凍保存のいいところです!

後は、みじん切りにするなり、すりおろすなりして使います。

※みじん切り、すりおろしにしてから保存すれば、さらに時短になりますが、風味は落ちます。

【まとめ】

〈良い点〉

・長期保存が可能!

・薄皮がつるんと剥けるので、ニンニク調理時のストレスが減る!

・1片そのまま冷凍で、風味も保たれる!

〈悪い点〉

・【冷凍保存の方法】の②は結構時間がかかる。手間だ。

・冷凍庫から出してニンニクが冷たいうちは滑りやすい。すりおろし時はガッチリつかんで指をすりおろさないよう注意が必要。

極早生枝豆の収穫!1本植えと2本植え、収穫量の比較(2018.7.12)

6月下旬に種まきした極早生枝豆(奥原系)。

種まきから約1ヶ月半、50日位経ちました。

種袋には80日位で収穫と書いてあるので、高温の影響で成長が早まったようです。あと1週間後位が収穫適期な感じですが、1本植えと2本植え、どちらが沢山採れるか気になったので収穫&比較してみました!

右が2本植えで、左が1本植えです。

ほぼ一緒です。若干1本植えの方が葉っぱが大きいか…

 

葉っぱを取り除いて、

 

莢を切り取ります。

うーん、、、1本植えも2本植えも、ほぼ同じに見えます。

計量してみました!

なんとゆう事でしょう~

1本植え60g   2本植え59g  !!!

一緒やん

【結果】

  • 枝豆は1本植えも2本植えも収穫量は変わらない!
  • ものによっては2本植えの方が、実付きが良い!
  • なので、同じスペースでも2本植えは1本植えの倍の収穫量が期待できる!

 

以上の結果から、次回から枝豆は絶対2本植えでいきたいと思います!

それから同じ日に種蒔きした枝豆は、収穫時期も同じになります。いくら省スペースとはいえ、一度に15本分(今回)の枝豆は多すぎます。採れたての枝豆の美味しさを、何回も味わいたいのなら、何回かに分けて種蒔きする必要ありです!

枝豆の種蒔きは、2週間程あけて、少なくとも2回に分けて行うべし!

 

 

引っ越しました!

こんにちは!

この度、はてなブログからWord Pressに引っ越しました!

タイトルも『ミニマリストの庭仕事』http://pipita.hatenablog.com/から『pipitaの庭』に改めさせて頂きました。ものぐさガーデナーの庭にまつわるあれやこれや、その他庭とは全く関係ない雑記も交えつつ、こちらに綴って行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

相変わらずミニマリスト的な暮らしに憧れを抱いておりますが、なかなか断捨離が進まない今日この頃、いい加減タイトルに「ミニマリスト」という言葉を入れてるのも如何なものかと思いまして、『pipitaの庭』に改めさせて頂きました。